丸ネジのメッキの違いについて

公開日:2015年10月24日
最終更新日:2015年11月09日

タミヤのネジにはたまに色の違うねじが入ってますよね?これは何かといいますと、タミヤの丸ネジには、メッキの違うのが3種類あるんですね。

ほとんどのネジはニッケルメッキというものを使用していて、見た目はステンレス製のネジの色と似ています。3番目の画像の色ですね。

実際の長さでいうと、M2 x 25 以下は大体このニッケルメッキで、それ以上のM2 x 30 の長さからビスの色の違い(メッキの違い)が出てきます。

 DSCF2190 M2 x 30
メッキ:三価クロメート
材質:鉄
 DSCF2185 M2 x 30
メッキ:黒ニッケル
材質:鉄
 DSCF2173 M2 x 25
メッキ:ニッケル
材質:鉄

上二つは両方ともM2 x 30のネジで、メッキが違います。青白いほうは三価クロメート、黒っぽいほうが黒ニッケルです。

タミヤさんに聞いて見た所、「メッキを使い分けている理由はロット数、コストの関係で違いが出ているだけで、特別に分けている理由は無い」との事です。

ただメッキが違うと、表面の強さが若干違います。三価クロメート、ニッケルの順に表面はしっかりしているのですが、黒ニッケルのほうは耐摩耗性には優れていません。

簡単にいうとはげやすいんですね。その分、三価クロメートねじと比べると0.02g~0.03g黒ニッケルの方が軽くなります。(M2 × 30の場合)

重さとしてはほとんど変わりがない範疇ですが。

3種類とも装飾、防錆の特性はあるのでどれを使用しても良いのですが、軽さを追求するなら黒ニッケルで、表面の丈夫さを重視するなら三価クロメートやニッケルということになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です