WordPress RelatedPostsの更新エラーについて

公開日:2017年06月01日
最終更新日:2017年06月07日






RelatedPostsプラグインは、関連記事を簡単に表示出来るWordPressプラグインなんですが、1週間くらい前に3.6.4にバージョンアップされました。

私キャスターも使用していましたので、当然いつものように更新ボタンを「ポチッとな」した訳です。

すると・・・?

・・・?w

「あれわたくしのサイトが!?」( ゚Д゚)

エラー表示が出て、サイトが出てこなくなってしまったのです。しかもWordPress管理画面にもログイン出来ないので、直しようが・・・w


 

「お、落ち着けキャスターw」

「お前なら出来る・・・(多分w)」

何の根拠もない言葉で泣きそうな自分を励ましつつ、冷静に考えてみると・・・

幸い更新したのは、Related Posts プラグインのみでしたので、このプラグインが悪さをしたのは明白です。


↑のような記事もここ最近出始めましたが、実はキャスターはこの時確か、プラグインが3.6.4にバージョンアップされてすぐ更新したんですね。

なので情報が全然無い状態で修復作業をしなければならなくなりました。

ですがいました。プラグインのレビューの中に1人だけ!エラー出てます的な記事がw

☆1個です!

英語がよくわからなかったので、Google先生に翻訳してもらうと

『新しいバージョンがUn-Removable Boxを追加

アホンクラーク
新しいバージョン(Sovrn’s)は、新しいページの後に大規模な自動更新Sovrnウィジェット/ボックスを追加します。 実際のコンテンツ作成ボックスに自分自身を添付するように見えます。 画面オプションまたはプラグインオプションを使用して削除できませんでした。 たぶん、プラグインを削除する別の方法(config?)は、広告ネットワークに縛られていなかったので使い始めるだけではあまり役に立ちませんでした。 何年も使用した後でアンインストール。』

あまり意味がわからないのですが、多分エラーになったのでアンインストールするぜーってことなんでしょうw(アホンクラークという名前にツッコミは無しでw)

ただ削除するのは今のところ嫌だなーと思っていたのでもう少し様子見ながら調べていくと、作者のコメントが載っていました。


Our latest plugin update, 3.6.4, will not work properly with sites on PHP 5.3.* or older. It requires PHP 5.4 or higher to function properly. 99.9% of our users meet this PHP requirement, but a few users are on PHP 5.3.* or older and are encountering problems.

If your site runs on the older PHP 5.3.* you can still use our previous plugin version, v3.6.3, without problem. It can be downloaded directly from WordPress at: https://wordpress.org/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/advanced/

↑抜粋なのですが、簡単に言うと、PHP5.4以上のバージョンに対応させた的な事が書いてあります。それでPHP5.3以前を使用している場合は、エラーになるので、その場合は、リンク先から古いバージョンを落として下さいと。

あーつまり、古いのに戻せば治るのね!ちょっとホッとしましたw

てなわけで、FTPソフトを使って、ワードプレスのプラグインが入っているフォルダの中に、この古い方のファイルを投下(アップロードw)すると。

元の様にサイトが表示されました!

public_html→wp-content/pluginsフォルダの中に投下すればOKです。

プラグインをインストールや更新する時は、バックアップを取ってから、又1個ずつ慎重に行うのが大切なようです。^^;

余談ですが、PHPのバージョンはXSERVERの方でバージョンアップが可能でした。キャスターのPHPのバージョンが5.3.3のままでした^^;

おいおいキャスター。作者のコメントにほんの少しの人が5.3のままだって書いてあるじゃん。それって(俺の事じゃんw・・・・orz)

おっと!
ここでいきなりバージョンアップをしてしまうとサイトが表示されなくなりました。

まずバックアップを取ってからw
次にPHPバージョンを1個上の5.4.45に設定して。

すると問題なく表示されました。次の5.5.30にバージョンアップするとエラー表示がでてサイトが表示されないので、5.4.45に戻せば治ります。


「待てよ!

この状態でRelated Postsを更新すれば、PHP5.4以上に対応する訳だから、もう少し行けるかもしれないぞ?w」

では早速、

更新ボタンを押します。

更新が完了しました。

サイトを確認するとバッチリ出てきました!

この状態でPHPのバージョンアップ(5.5.30)をします。

すると、下の様にまた表示されなくなりました。はい。甘くないですw

こうなったら、またサーバーの方でPHPのバージョンを下げて5.4.45に戻せば直ります。

こんな感じで他のプラグインとの兼ね合いもあるので、PHPのバージョンアップも1個ずつ上にあげて、サイトがちゃんと表示されるか確認しながら作業すると良いですね。